大阪会社設立相談センター
会社設立ブログ

クラウド会計でデータ共有

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

クラウド会計でデータ共有

 

会社を作ると帳簿をつける必要があるので、会計ソフトをどうするか?
考える必要があります。

 

この会計ソフト、従来型のパソコンにインストールして
使うというものでなく、
クラウド上にデータをおき、パソコンの他スマホなどでも
ログインできる、クラウド会計がどんどん増えてきています。

 

この会社設立お悩み相談では、会社設立の際のよくある質問や、
疑問点などを事例形式で紹介していきます。

今回は、外国人が会社を作った場合に使う会計ソフトについてです。

【社長⇒外国人経営者】

 

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”外国人経営者”]私のところは、経営陣が日本と外国とで離れているので、遠くからでも
会計データを同時に確認できるようにしておきたいのですが、そういった場合に対応できる会計システムは何かありますか?
何月にしたらいいかな?[/speech_bubble][speech_bubble type=”drop” subtype=”R2″ icon=”monodane1.JPG” name=”税理士 物種”]そうですね。もちろんシステムを組めば可能ですが、料金が高くなるので・・・
通常の会計ソフトですとそういった事が難しいのですが、クラウド会計を使えば、可能ですよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”外国人経営者”]クラウド会計?ですか?[/speech_bubble][speech_bubble type=”drop” subtype=”R2″ icon=”monodane1.JPG” name=”税理士 物種”]そうです。クラウド会計を使うと、離れていても同じ内容を共有する事ができます。
また、会計も最先端のものになるので、銀行取引などは月日や摘要・取引金額などを自動で取り込む事が出来、会計の労力をかなり減らすことが出来ますよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”外国人経営者”]なるほど。そんなに便利なものがあるのですね。
そうすると、今はほとんどの会社がそのクラウド会計というものを使っているのですか?[/speech_bubble][speech_bubble type=”drop” subtype=”R2″ icon=”monodane1.JPG” name=”税理士 物種”]いえ。現状日本では利用率としてはまだ数パーセントくらいです。ただ、ここ1年くらいでクラウド会計が本格的に導入されてきていて、2~3年の内にはかなりの割合でクラウド会計が増えてくると思っています。アメリカではすでに40~50%の会社で導入されている様ですし。[/speech_bubble]

 

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”外国人経営者”]そうなんですか。
そんなにいいということは、料金も高いのでしょうか?
あと、パソコンはMacを使っているのですが、大丈夫ですか?[/speech_bubble][speech_bubble type=”drop” subtype=”R2″ icon=”monodane1.JPG” name=”税理士 物種”]マネーフォーワードのMFクラウド会計ですと、法人でも月額1,800円で大丈夫ですよ。銀行取引やクレジットカード・電子マネーなどの取引が自動で取り込めますし、手間やソフト自身の料金を考えると、お手軽に導入することができます。それと、ソフトをインストールするわけではないので、Macにも対応しています。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”外国人経営者”]そうなんですか。
なるほど。
どういった会計の方法がいいのか迷っていましたが、
それでは早速クラウド会計で進めるようにお願いします。[/speech_bubble][speech_bubble type=”drop” subtype=”R2″ icon=”monodane1.JPG” name=”税理士 物種”]了解いたしました![/speech_bubble]

 

 クラウド会計はデータの共有が出来るのも大きなポイント

マネーフォ―ワードが提供しているMFクラウド会計では経営者や経理担当・税理士などが無料で
同じデータを共有する事ができます。

今までのインストール型の会計ソフトで同じ事をしようとすると、
何十万単位・高いと百万円単位でソフト代が必要となってきます。

このMF]クラウド会計では、経営陣が複数いるときでも、
月額3,218円とコストを抑えて使う事ができます。

今後はこのクラウド会計が主流になっていくのは間違いありません。
それだけ、低コストで経理の合理化が出来ます。

MFクラウド会計では、最大限機能を利用した場合に
今までの経理作業に対し、最大で1/5の作業量になったという結果もあります。

 

>> クラウド会計システムが楽で、使うべき10の理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 会社設立ブログ , 2015 All Rights Reserved.